不動産投資で利用する収益物件|購入方法も賢く選択しよう

不動産投資

行動を考える

不動産

不動産集客を自分で行う際はなにか強みを見つけなければ全く説得力が無く、効果が薄くなってしまう事が多いです。物件を購入する前であればあまり問題ありませんが、すでに経営をしている方は費用をかけて行動をするのか考えましょう。

» 詳細へ

アパート経営の減収

集合住宅

アパートの空室化は大家にとって減収の要因となります。空室対策は店子を引き止める方法と退去後にすぐ新しい店子を見つける方法があります。引き止める方法は立地や設備で退去を抑え、長期の入居を進めます。新しい店子を見つける方法は募集を強化し、部屋の回転率を上げます。

» 詳細へ

淡々と繰り返そう

不動産

ローンのメリットを知ろう

収益物件を購入して資産を築こうとしているのであれば、ローンを上手に利用しましょう。ローンを利用すれば、手元資金以上の収益物件を購入することができます。もちろん、返済をしていく必要が生じますが、家賃収入の範囲内で返済できるように計画をすれば、手元の現金が減っていくことはありません。ローンを組んで収益物件を購入したのであれば、あとは淡々と返済を進めていくのみです。そして、ローンを完済したら、新しい収益物件をローンを組んで購入しましょう。最初のうちは返済実績もないため、金融機関の信用も薄く、ローンを通すことも難しいですが、ローン返済を進めていけば、次第に信用力が付き、2棟目や3棟目の集計物件を購入する際にはローン審査もスムーズに通る可能性が高くなります。

楽な運用をしよう

不動産投資の面白いところは、資産が増えれば増えるほど、運用が楽になっていくという点です。保有する物件数が増えれば、その分、空室リスクが下がり、収入が安定します。また、ローンを完済した収益物件は担保物件として利用することができます。ローンを完済したという実績は融資額の拡大につながります。つまり、より大きな収益物件にチャレンジできるようになるのです。そのためには、まず1つ目の収益物件において利用したローンを滞納することなく完済させましょう。余裕があるようであれば返済中に繰上げ返済をしていきましょう。不動産投資において1つの収益物件だけで運用するというのは最もリスクが高い時期です。この時期を早急に離脱することを目標とするとよいです。

重視したい2つのポイント

案内

不動産投資会社を選ぶ際には、入居率と賃貸状況の把握を比較検討する必要があります。97%以上の入居率であれば、安定した家賃収入を得ることができます。また、大阪の賃貸状況を把握していることは、資金計画の正確性につながります。

» 詳細へ